医療に関する意見、日本人のあり方に関する意見


by rr4546
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 二年間近くを費やして創世記を読んで、一神教徒が、わたし達の見ている世界と全く違う世界を見ていることがよく判った。念のために目次を作ってみた。一神教的な立場で大きなことで言えば民主主義、憲法9条そして小さなことで言えばペニスの疼きなどを論じることができた。政治に取り組む態度や個人の倫理的規範もわたし達には馴染みがないものであった。誠に興味深い経験であった。

第一章 天地創造
1.裁きの神             
2.内村鑑三と矢内原忠雄       
3.創造神と日本人          
4.楽園からの追放          
5.カインの末裔―神への献げもの   
   
第二章 アブラハム物語
1. アブラハムの召命―サルから人へ  
2. アブラハムの旅立ちー双務的契約  
3. 恵みの契約            
4. 二重の拘束            
5. バベルの塔            
6. 漱石、西田幾多郎そしてアブラハム 
7. アメリカの布教活動        
8. 不合理な包茎手術         
9. 去勢コンプレックスー全能感からの開放
10.ペニスと子宮の疼き       
11.非合理な契約          
12.尊大か謙遜か          
13.民主主義            
14.アテナイの民主制        
15.ジョージ    
16.ホッブスの人間観        
17.リヴァイアサン No.1      
18.リヴァイアサン No.2      
19.銃の保持            
20.民主主義の欠陥―アーレントとトクヴィル
21.間違ったリヴァイアサン理解   
22.憲法9条            

第三章  ヤコブ物語
1. 邪な神の民           
2.  神の敗北            
3. 信仰を持たない人々       
4. ユダヤ教            
5. キリスト教           
6. ヘレニズム文化とキリスト教   
7. イスラーム           
8. ジハード            
9. イラン革命           
10.聖と俗             
11.国家神道            
12.聖なる世界           
13.男女平等か男尊女卑か      
14.仏教―楽園は過去にある     
15.自力              
16.厭世観と超保守主義       
17.聖なる世界―欲深いヤコブ    

第四章  ヨセフ物語            
1. 神の御業             
2. 生きるための文法書        
3. 内村鑑三のヨセフ理解―ヨセフは小なるイエスである
4. 聖書記者のヨセフ理解ー隠れている希望    
5. 矢内原忠雄のヨセフ理解    
6. キリシタン弾圧―神と神の争い 
7. イエスは信仰世界しか語らない 
8. 主権在民           

第五章 創世記とわたし達       
     
1.選手とコーチ   
2.新嘗祭
3.根源的な自己愛―仕える人生
                    

by rr4546 | 2009-01-17 00:27 | 宗教 | Comments(0)
 それにしても暗い年の始めになりました。派遣先を追われて仕事を失い、住むところもない人たちが結構おられる。ビックリですね。ブラジルを初めとする海外からの出稼ぎの方たちは大変なことになっているのではないかと心配です。悪夢を見ているみたい。
 サブプライムローンの焦げ付きを起こすアメリカやハマス攻撃に容赦のないイスラエルの悪口に精を出していても、わたし達の直面している難問の答えは何一つ見つかりません。オバマに期待しても見当違い。どこに問題があってどのような方向に向かって歩いていくべきか皆で考えて2009年を送っていきたいですね。
 幸いわたし達のところは新しい年を迎えることが出来ました。高齢化には益々拍車がかかり、少子化も年を経るごとに深刻です。介護を受ける方が増えて、介護する若者が足りなくなるでしょう。20年先の高齢社会を想像すると、年寄りは心配で心配で仕方がない。
 私たちが取り組んでいる高齢者をお世話する施設は益々大切なところになっていくでしょう。幸い介護、リハビリそして医療の質を上げるために各部門で色々な取り組みをして、少しづつですが質の向上が図られていると思います。今年も自分の持っているスキルだけに頼んで仕事をするのではなく、貪欲に新しい試みをして、これは大変なような気がしますが、自分の出来ることだけをしていては、仕事はマンネリ化して働いて良かったとはなかなか思えない、少しでも新しい知識が身につくと喜びは一段と深くなりますので、毎日楽しくお酒が飲めるような方向で今年も頑張って頂きたいと思います。今日も疲れるだけでクソ面白くなかったなどと愚痴を言っていてもしょうがないですからね。楽しくなるようにするしかない。ボヤキながらできる仕事でもない。
 お預かりしているお年よりは喜んでくださっているようですが、わたし達の仕事である、ハンディキャップのある高齢者の自立、高齢者の穏やかな日々の確保そして死の看取りなどの仕方がパーフェクトになったとはとても言えない。いや高齢者の自立や、高齢者の穏やかな生活そして、いわゆる大往生はこれでいいなどと言える正解がない大問題ではないでしょうか。
 正解はないのですから、わたし達の工夫でいかようにも改善していくことができる。こんな有難い仕事はないですね。
 大変、いや毎日を楽しく送ることの出来る仕事に携わっていることを心に覚え、そして20年先の高齢社会のモデルを作っているとの誇りを持って、今年もよろしくお願いいたします。

by rr4546 | 2009-01-14 17:42 | その他 | Comments(0)

迎春

迎春

高齢者相手の仕事に三年間携わり老年医学に習熟しました
「京都市長寿すこやかプラン」の協議委員として、京都を日本一高齢者に優しい街にするためにお役に立てればと思っています

皆様のご多幸とご健康を心よりお祈りいたします

平成二十一年元旦

この歳になると賀状を書くのは大仕事。お詫び方々、BLOGでの賀状で手抜き、失礼の段お許しを。

by rr4546 | 2009-01-07 08:57 | その他 | Comments(0)