医療に関する意見、日本人のあり方に関する意見


by rr4546
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ベストセラー

ベストセラーー無思想の発見・国家の品格
                   
                             平成18年2月10日

 最近の話題作を読んでいると謙遜な気持ちが持てないで、不遜な気持ちのまま大人になった人たちがこんな浅ましい醜態を演じるのかがよく判って、何か痛々しい感じがする。「バカだ、バカだ」、「品格がない」そして「すべてが空なのに執着ばかりしている」と自分を戒めているならともかく、他人様を貶めるためにこれらを繰り返しているから往生する。それを世間が広く受けいれる。解剖学者、数学者、元生命科学者そして私たちは多分同じ知の枠組みを持っているのであろう。ただ彼らのよく売れている著作を翻訳して広く世界に紹介すると大国には従順になるが、隣国とは打ち溶けて付き合えないのは日本人の持っているmentalityからくると早とちりされて、変な日本人観が一人歩きしてしまうのではないかと心配である。
 
 アメリカ大統領を初めとした外国の政治家が日本人相手に外交を展開する時、ブレインたちは何を参考にして「日本人は・・・」とティーチインしているのであろうか。解剖学者、数学者そして元生命科学者たちが語っている自尊心を擽るような寛容で自然にやさしい惻隠の情のある日本人論ではなくて、ジョン・ダワーやルース・ベネディクトが明らかにした日本人論を基にして「日本人は・・・・」と講釈をしているような気がする。そして私たちが進言通りに反応するのを知って驚くことであろう。
 
 我々の思い描く日本人と外国人の見た日本人がこれほど違っていていいのだろうか。一概にどちらが正しくてどちらが間違っているとは言えないけれど、わたしたちはもう少し冷静沈着な自己認識を持つ時が来ているように思う。大人の歩みは、正しい自己認識を持ってしか始まらない。おいおいこういう見方もしていいのではないかということを紹介したい。根拠のない自尊心にしがみ付いて、一神教世界の独善性と血生臭さと市場原理主義を罵倒したり、援助を受けているのに反日運動をしている死者にまで唾する中華思想の国の阿呆などということにうつつを抜かしていると、いつの間にやら自分が本当に空っぽになってしまうような気がする。複雑な身体技法を使って自分だけが解脱したと信じて、周りの健全な人たちを煩悩の中にいるとサリンを撒いたオウム信者や、社会が悪い、どうして世間は俺の才能を判ろうとしないと荒れている不良少年まがいの人たちばかりが溢れては悲しい。彼らは同じ種類の人間だと思う。解剖学者の願うような世間体を大事にした家父長制の国や数学者の憬れる儒教国家になることだけが将来の希望では余りにも寂しすぎる。昔よく揶揄された「井の中の蛙大海を知らず」の類の人にならないようお互いに戒めあわなければならない。
 
 自分にではなくて、周囲の人たちの立ち居振る舞いばかりに苛立って、正論を吐いていると信じて疑わない人ばかりが溢れる可笑しい国にしてはならない。人のことよりわが身が大事である。

by rr4546 | 2006-02-10 00:40 | 日本人論 | Comments(0)

受精卵診断再び

        受精卵診断再び
                    平成18年2月1日
 「受精卵診断」についての意見を1月30日のblogに載せた。この原稿は昨年の2月にまとめて自分のホームページに昨年掲載した。その後習慣性流産の受精卵診断については日本産科婦人科学会の委嘱に応じたワーキンググループが平成17年12月1日付けで「習慣流産(反復流産を含む)の染色体転座保因者を着床前診断の適応として認める。」との答申を出した。日本産科婦人科学会のホームページにアクセスすると全文を読むことができる。そして理事会は1月31日までこの問題について、多くの人たちの意見を聴取する努力を払った。勿論私も意見を寄せた。
 
 昨年アメリカでイラク戦争の最中に、ブッシュとケリーが争う大統領選挙が行われた。多くの日本人は大義があるのかどうか疑わしいcrazyなイラク戦争遂行の是非について真面目に論じているに違いないと思っていたが、実際のところはイラク問題はほとんど争点にはならなかった。「中絶」「ES細胞研究」そして「同性婚」に対してどのような意見を持つかによって大統領は選ばれたということが明らかにされている。このような状況について一言意見を述べたいが、日本国もテロとの戦いと独り善がりに叫びつづけるブッシュを全面的に支持して、憲法を曲げてまでしてイラクに自衛隊を送ったりしているので、私たちも同じ狢だと考えて今回はそれについては深い入りしない。
 
 日本では中絶や同性婚については、公共の場では議論されないで、身内だけでひそひそと話し合われ処理されている。またES細胞研究は動物や植物の品種改良を得意とする日本人は制約のある欧米諸国の研究者と違って自由に研究に取り組んでいるので、世界のトップを走っていると聞いている。勿論、そのことについて、国民は知らないばかりか、その研究の倫理的側面についての議論を真剣に行ったとの経験を持っていないのではないだろうか。どちらの国のスタイルがいいかどうかについても今回のテーマではない。ただ中絶やES研究そして同性婚はみんなで話し合わないで、阿吽の呼吸で進めていくのが世間に無用な波風を立てない一番よい方法と考えて問題を先送りしておくのと、命は何であるのか、本来授かりものである命に人間の手をどれだけ加えていいのか、個の尊厳を守るためにどのような知恵が必要かについて国民レベルで話し合うのとどちらが望ましいやり方かについては一度は真剣に議論しておく必要があるように感ずる。

 「今回受精卵診断について答申が出ましたのでそれについて意見をまとめてみました。アメリカでは中絶や同性愛結婚が大統領選挙の大切なテーマとして公的の場で議論されます。日本ではこのような問題はひそひそと私的の場で話し合われる処理されているのが実情です。命に関わる問題を限られた人たちだけで考えると、国民は命の大切さについて真面目に議論する機会が持てなくて、今まで以上に命を軽く考える風潮が生み出されていくことが危惧されます。中絶天国と呼ばれたり、3万人以上の人が自殺する。幼い命や弱い女性が簡単な動機で殺されると言う事件も、皆で命に関わる問題を真面目に議論してこなかったツケが払わされている面があるように思います。受精卵診断などについて多くの人が関心を持って議論をする場を作ることは大切なことだと思います」という手紙を添えて今回blogに載せる意見を医療関係の雑誌に投稿した。残念ながら掲載先が決まらない。私の指摘も新しい生殖医療を健全に社会に根付かせるためには必要ではないかと考えて「受精卵診断再び」を掲載する。日本の生殖医療は世界で一番厳しい制約が加えられているという同僚の産婦人科医の楽観的な意見にも納得できない。また「受精卵診断いたします」などの広告を見るのも嫌なので、色々な反発を頂くことになるかもしれないが・・・・

   受精卵診断再び
 
 最近、日本産科婦人科学会のホームページに「習慣流産(反復流産を含む)の染色体転座保因者を着床前診断の適応として認める」との「着床前診断の適応」のワーキンググループの答申が掲載された。

 今まで着床前診断についてどのような議論が積み上げられてきたかについて全く知識を持っていないが下記のようなことを考えた。
1.今まで公式には認められていなかった?方法が以前はなぜ認められなかったのか、どのように考え方が変わって、今回認められるようになったのかについて余り触れられていない。重症の遺伝性疾患に限るが、今回は胎児獲得率が自然妊娠と変わらない疾患?にまで適応が拡大されたのである。大きな考え方の変更である。

 日本人が受精卵を命と考えないとしても、この方法では生きている受精卵が選択されて捨てられるということに対して、もうすこし謙虚であると感じさせる文脈があっていいのではないかと思う。私たちと同じ人になる可能性を持つ受精卵の扱いが研究室レベルにせよ物として粗末に扱われるようなことはあってならない。自然と共生していると言いながら、中絶天国と呼ばれたり、年間3000人以上の人が自らの命を立つという事実から、我々は命を軽んじても然程胸を痛めないと言う考えを持っているかもしれない。生命科学に携わる臨床医師や基礎学者の振る舞いが、このような風潮を増長させるようなことは絶対にあってはならない。子供や弱い女性の命が簡単に奪われる事件が頻発していることと何か関係しているとすれば悲しいことである。その辺りのことははっきりと述べておくべきであろう。

 重症の遺伝性疾患と、今回のような然程医学的meritのない疾患での着床前診断の間は、想像している以上に多くの複雑な問題が横たわっているように感じる。その間は広くて大きい。少なくとも重篤な遺伝性疾患の許可の理由と、今回の許可の理由の違いは書いておくべきであろう。あるにせよないにせよ。何らかのコメントだけでも欲しい。

 社会的にも関心を集める医療技術がどのような経緯で国民に受け入れられるのか共通の認識を持つ努力をしなければならない。こういうことを曖昧にしておくと、この方法が倫理的には問題がある検査をするための隠れ蓑になって、変な医療行為がはびこっても見て見ない振りをするという事態を生むこともあるであろう。アメリカでは中絶に関して大統領選挙の大切な争点として公的の場で議論されるが、日本ではひそひそと私的な空間で話し合われて実施されている。何らかの改善が必要なような気がする。

 規範はいつも悪用を防ぐことに対して最善な気配りをして作られなければならない。善意で善人に語り掛けるようであってはならない。善意だけで上手くいくような事案には規範が必要ない。医師といえども、仁術であることを忘れて詐術や算術に熱中することもあろう。

 倫理的問題を含んだ医学的手技の患者への応用をどのような規範で実施するかについてしっかりと議論をするためのポイントはどこにあるのだろうか。今回の答申はそのような基準をつくるためのどの辺りの部分を担うのであろうか。

 難問を産科学領域の医師はリーダーとして解決していかなければならない。患者が望み、それに対する方法がある場合は患者が気の毒だということで、してよいという立場もあるが・・・。流産する苦しみと、子供の得られない苦しみの違いについても考慮が払われていないように思える。

2.ES細胞研究やクローン人間つくりには倫理的縛りがある。そのような倫理的制約と今回の「習慣性流産のための受精卵の染色体検査」に潜む倫理的問題との関係について触れなければ、生殖医療は現在どのような問題を抱えているかについて国民は全く理解できないであろう。していいのかしてはならないのかについて、素人はほとんど議論できなくなる可能性がある。現在医療技術の選択権は患者が持っている。視野の狭い功利的な考え方ばかりが跋扈する世界を生み出してはならない。国民的議論を喚起したり、啓蒙的な意味のある答申であるべきであろう。答申は素人でも作れそうである。患者が希望するからクローン人間を作ってもいいというニュアンスすらある。

3.習慣性流産のための受精卵診断のdemeritについても触れておく必要がある。例えば周囲が染色体異常による流産である可能性のある不妊の女性に、負担になる受精卵診断と受精卵の着床の手術を強要する事態をどう防ぐかについてもコメントするべきであろう。Meritのある方法には必ずdemeritがあることも伝えなければならない。全能の技術はない。原子核分裂のエネルギーは電力供給には欠かせないが、マッドサイエンシストの手にかかれば強力な武器に化けるという類の警告もしておくべきであろう。

4.母体に負担のかかる今回の受精卵診断の医学的meritは特にないようである。着床前診断実施後の生児獲得率68.0%(ESHRE PGD Consortiumの長期調査)で、習慣流産の染色体転座保因者における自然流産での累積生児獲得率68.1%(Sugiura-Ogasawara et al.)と全く同じであると書かれてある。将来着床前診断で生児獲得率が著しく改善するとも思われない。自然の仕組みに対して謙虚な気持ちを忘れてはならない。自然の仕組みを人間の支配の下におろした理由をもっとはっきりと書いておくべきであろう。これは議論するべき医療技術がどのようなものであるかの定義が曖昧なために起こったのであろう。私見ではリスクのある今回の方法は医学的にみて現在、実施してよいとする根拠に乏しいように思う。倫理的問題のある医療技術はこの程度の有効性が求められるという見解が述べられるべきである。曖昧にしておくと、本来の産科婦人科学の医療技術が蔑ろにされて、医学的meritが然程ない世間受けのいい実入りのいい技術ばかりに医療資源が向かう事態を招くことが危惧される。産科医は全国で不足している。
 
 習慣性流産の着床前診断を審議されたメンバーの方の社会的背景が書かれていない。この答申がバイヤスのかかったものではない現在の日本人の多くの考え方を反映しているものであることをはっきりと示すべきであろう。

 命の選択が可能になる医療技術の臨床応用を考える際もっとも重要なことは、すべての人が健全な部分と、不健全な部分を抱えながら生きているという当たり前なことにもう一度謙虚に思い出すことであると思う。健全な部分だけの人はいない。長島茂雄氏ですら脳卒中の後遺症と闘っている。誰しもが不健全な部分を取り除きたいと願ってはいるが、不健全な部分がどこにもない自分という存在を手に入れたら、うれしいいというより、恐ろしい感じを持つ人が多いのではないだろうか。健全なものだけで生きていくのは理想ではあるが、窮屈で大変なことであろう。不健全であった部分も自分の大切な部分であることに気がついて人は知恵を豊かにしていく。ちょっと目に見ると不健全であると思う部分が、未来永劫不健全なままであるということはない。大切な部分であったと感じるときが訪れるという生きることの不思議さにいつも謙虚である必要があると思う。神のようになりたいとの誘惑と真摯に格闘しなければならない。命を扱うものは恐れと慄きがなければならない。一医師の偽らざる感想である。

 最近、首相の主宰する総合科学技術会議の生命倫理専門調査会の委員として7年間、国の生命倫理の審議に関った学者のかなり率直な報告書(島薗進:いのちの始まりの生命倫理)を読む機会があった。真摯な検討のおおよそが判った。ただ生命倫理は多くの国民が常識的感覚で気楽に論じられる判り易いものでなくてはならないとの感想を持った。

by rr4546 | 2006-02-01 16:05 | 医療関係 | Comments(0)