医療に関する意見、日本人のあり方に関する意見


by rr4546
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Alzheimer型認知症の早期診断No11 最後に残されたビッグマーケットNo3データ改ざんの背景

J-ADNIについて紹介しながら、早期診断の現状と問題点を指摘するつもりであった。マスコミが軽躁状態なのではないかと心配になる、認知症現場を楽観的に報道して、これを放置すると正しい認知症対策がわが国で進まないのではないかと危惧して老骨にムチ打って書き進めている。揚げ足を取るなどケチな意図はない。
26,27日の2日間にわたり朝日新聞の一面で26日「疑惑データ隠蔽工作か アルツハイマー研究J―ADNI」、27日「代表教授が口止めメール データ書き換え認識」との見出しでJ-ADNI研究に問題ありとの大掛かりな報道があった。
朝日新聞は今年のはじめころからJ-ADNIのデータ改ざん疑惑を報道していた。1 データ改ざん疑惑、2 基準外被験者の参加、3 被験者の不利益、4 製薬会社の利益相反がありとこの研究の問題点を整理して報道した。どうやらデータ検証の責任者である杉下守弘元東大教授が実名で告発したことを取材して報じたらしい。
その後この事件がどのように推移したかについて、私の耳には何も入らなかった。ボスの首に鈴をつけるのは難しいだろうくらいに思っていた。
国は改ざん疑惑を調査する間、証拠となる被験者データを保全するよう要請したが、研究代表責任者も製薬会社から派遣された事務局員も要請を無視して、患者データを書き換えるのに集中していたらしい。疑惑後は動きがなかったのではなく、当事者が悪あがきを繰り返していたらしいのである。脇の甘い要請である。大の大人が何のために子供じみた振舞いに及んだのか?アカデミックの立場の人と製薬会社の人が同じ方向を向いて頑張った。反対の立場でこそこそとしたのならまだ救いがあるが。
これらの一連の動きが大新聞の記者のジャーナリズム魂?に火をつけて今回の報道になったらしい。いや医療マフィアに丸め込まれている記者もいるから注意深い読解が必要である。
朝日新聞は当初この報道の際「臨床研究疑惑 成長勢力の土台を見直せ」という社説まで載せてこの問題点の深刻さを指摘していた。
高血圧治療薬ディオパンが、降圧以外の臓器保護作用ありとの5大学病院の治験結果はすべてデータの書き換えによって得られた根拠のない臨床研究であったことが世間では話題になっていたこともあって、編集諸氏はディオパン事件にかこつけてJ-ADNI事件を論じたのであろう。
曰く「・・・・・国際的には複数の国による共同臨床研究が増えているが、日本はかやの外だ。データの信頼性や実施体制の不備が不安視されているためと言われている。
成果を急いでデータを変えるような行為があるとすれば、まともな新薬も生まれず、研究資源は無為に消えるだけだ。抜本改革に乗り出さなければならない」と論じた。
私に言わせれば、「成果を急いで」のような純粋な動機で、次々と臨床研究の不祥事が起こるのではない。
根は深いと言いたいが、医療の落とし穴のところでも論じておいたが、患者のため―だれがその動機に異議を唱えることができるだろうかーとの美しい錦の御旗に隠れて、何のことはない、患者を食い物にして金儲けをしようと、語るに落ちる動機で次々と不祥事が生み出されているだけである。立派な社会人にあるまじき、見苦しい振舞いの背景こそが一番議論されるべきであろう。
今回の不祥事の一端を担っているJ-ADNIのデータの事務局である「バイオテクノロジー開発技術研究組合」の理事長であるエーザイの社長内藤晴夫氏はエーザイのホームページで、
「・・・・・・・・・・日本国内おいては、アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト」に関して、いまだ医療の場にお導きできていない約200万人の認知症患者様とそのご家族に早期診断・早期治療の大切さを訴えるなど、これまでの豊富な知識と経験を活かし、力を緩めることなく取り組んでおります。・・・・」
データの書き換えを指示していたエーザイの出向者とエーザイの社長との関係はどうなっているのであろうか。豊富な知識と経験をねつ造にいかされては、患者は浮かばれない。ガバナンスが悪いのか。いや国家projectに送り込まれた優秀な社員である。データ改ざんが癖なのかもしれない。
アリセプトの服用の適応患者が200万人いると耳打ちする認知症専門医がいるのであろう。見るべき効果の小さい薬のマーケットもビッグである。
難病に苦しむ患者の弱みに付け込んで、医療界がどのようなロジックで動くかを知っておくことは、わが国に患者主体の望ましい医療を作り上げるために必須であろう。チーム医療も患者主体の医療も、私の見立てでは、日本はかなり遅れている。
言っておこうと思ったことがわからなくなってきた。医療と製薬業界は多くの場合伏魔殿として機能している。
いや早期診断が現時点で患者にとって福音にならないことを書かねばならない。

by rr4546 | 2014-05-29 21:02 | 医療関係 | Comments(0)