医療に関する意見、日本人のあり方に関する意見


by rr4546
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

高齢者医療講話メモ

 正月くらいはゆっくりしたい。菩提寺の新年会で行う講話「高齢者医療」のメモを急いで作った。
1月7日まで日があるので、何度も書き変えたい。S寺の門徒だけが対象らしい。多くの人に聞いてもらいたいので準備したメモをアップしておく。
             
          高齢者医療講話メモ
                      平成24年1月7日
                      於S寺          
                      寮 隆吉

① 認知症
種類
アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型、Pick、正常圧水頭症
脳の働き(記憶処理、視覚情報処理、思考・理性・感情領域)と認知症の症状。
診断
改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の有用性?、10時10分描画の有用性?脳の画像診断の限界、家人の印象
重症度
MCI、軽度、中等度、重度
鑑別診断
せん妄、甲状腺機能低下、うつ病、慢性アルコール中毒、外傷性脳疾患、詐病、薬物中毒、誤診など
中核症状:記憶障害、見当識障害、失認、失行、判断力の低下等
周辺症状(BPSD):興奮型(易怒性、昼夜逆転、徘徊)、抑うつ型(不眠
不安、抑うつ)
治療
認知症進行抑制(アリセプト):認知症状を改善する?中断したら急速に悪化する?アリセプト服用は介護を困難にする?、アリセプトの副作用はBPSDに間違えられる。認知症関連テレビ番組の信ぴょう性、抗血小板薬、脳活性化リハビリ、集団生活(デイサービス、老健の利用)、高血糖の管理、血圧の管理
BPSDの治療  身体的・精神的問題の管理、精神科受診の必要性?
早期診断・早期治療の現況は?
② 高血圧症
本態性、二次性、高齢者高血圧の特徴
一日血圧測定の意義:Non-dipper、動揺性、脈圧の広さ等
治療
The lower、the better? J型現象、
食塩摂取制限、利尿薬、Ca拮抗薬、血管収縮ホルモン阻害薬(ACE inhibitor、ARB)の特徴と飲み分け
臓器保護作用
高齢者の過剰降圧
転倒・骨折、認知障害の増悪
③ 糖尿病
2型糖尿病
原因
1 インスリン不足(過食等)
2 インスリン抵抗性(肥満等)
高齢者の糖尿病の特徴
糖尿病の合併症
治療:
食事療法・運動療法
インスリン分泌薬(SU薬、インクレチン関連薬)、インスリン抵抗改善薬、糖吸収抑制剤、糖新生抑制薬の特徴と飲み分け
U型現象、低血糖と転倒、認知障害増悪、過剰の降圧と死亡率
国際standardとの違い
④ 高齢者と服薬
高齢者と新薬、高齢者医療とジェネリック薬、服薬アドヒアランス、服薬数と合併症、医原病?

その他
心疾患(心筋梗塞)、肺炎、骨粗鬆症、皮膚疾患、脂質異常症、頻尿、血液サラサラ薬
胃ろう(PEG)の適応?
よき老年とは? 不老長寿か成熟か 
介護保険制度の光と影
参考文献 寮隆吉著編「症例から学ぶ高齢者医療の特徴とその対応」金芳堂

by rr4546 | 2011-12-29 16:20 | 医療関係 | Comments(0)