医療に関する意見、日本人のあり方に関する意見


by rr4546
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

4派の感染爆発に入ったらしい。国はあいも変わらず、3Cを感染経路と決めつけて、飲食店、大型施設、レジャー施設の閉鎖に踏み切った。そして地方の首長たちは、わが県に来ないでください、県をまたいだ移動は控えてくださいと、新型コロナは人流さえ減少させれば、感染拡大が治まっていくと、信じ込んで一年前と全く同じ自粛を必死で呼びかけている。

私はどこにも出かけないで、観客のいない野球をTVで観戦しているが、興ざめ。何故球場の入場者を制限することが、感染拡大に専門家が信じるほど効果があるのだろうかと、不思議な気持ちにさせられて徘徊開始。

人流を減少させれば、ある程度感染者は減少する。ただ人流の減少ということは、社会生活を止めることと同義である。飲食店だけではなく、京都で言えば観光に携わる業界は壊滅状態で、彼らの被った経済的損害は回復不能な状況になっているのではないだろうか。営業停止しているホテルをあまた見かける。

実際、人流を減少させることしか、感染拡大防止に対策がなければ、わが国は新型コロナを克服する前に、経済危機に落ち込むのではないだろうか。人流減少だけが、感染拡大防止の唯一の方法であれば、人流を再開すれば、また感染拡大が始まる。我が国は永遠にコロナとは縁が切れないであろう。人流減少以外の感染対策はないのであろうか。

悲観論を振り回すと、ワクチン接種で集団免疫が獲得できれば、事が治まると専門家は解説する。ただワクチンも国産ではない。他国頼りである。一体このような状況を誰が作り出したのであろうか。専門家の助言は適切でなかった?当初ワクチン確保に動けとの専門家からの動きはあったのか?ワクチンは医療現場で安全に使えるようになるには通常23年はかかるという脅しばかりを聞いた記憶がある。我が国の感染症専門家はワクチン製造の最新の情報に全く疎かった?あるいは新しい動きに興味がなかった?RNAワクチン、DNAワクチンは最近まで私たちにとって馴染みがなかった。

若い同業者A先生が中国のコロナ対策の現状について教えてくれた。我が国は3Cを感染拡大の元凶と考え、感染対策に取り組んでいるが、中国は3C対策(社会生活の大幅な制限)より4早といって、早期発見・早期隔離・早期診断・早期治療を基本として、感染拡大の防止対策をとった。社会活動を阻害する対策は極力最小化したように見える。実際中国も今連休らしいが、万里の長城や天安門広場は人、人であふれている映像がわが国でも流されている。

マスク着用、ミニロックダウン方式そしてsocial distance(わが国独自?のマスク会食)は欧米で続けられているがそれらの国の感染は高止まり。

中国人はマスクを付けているが、マスク輸出産業を守るための三味線の可能性が否定できない。中国はマスクの防疫効果を余り信用していない? 習近平のマスク姿はあまり見ない。中国は感染経路を感染者から徹底的に聴取して、考えられるー見えないウイルスがどのように人間に感染していくかは、永遠にわからないー感染経路の危険性をAIで分析して、以前にも指摘したように、感染経路を10個ぐらい確定して、その対策を徹底していると思う。あくまで想像であるが。その対策が的を得ているので、中国ではコロナ感染を終息させることに成功した?すべて推測である。

若い同業者の友人のmailから読み取った中国方式で、詳細で正確な真実は他の報告を参照されたし。我が国も正式なルートで、中国政府に感染対策の詳細を問い合わせるべきである。恥ずかしいことではない。人の命にかかわることである。

コロナのpandemicの状況下で、中国は唯一経済成長率を下げなかった。最近はGDP18%と異常な成長率を確保している。

勿論スマホのSNS機能を使って、感染者の居住エリヤや行動半径の詳細な情報を発信して、近隣住人への注意勧告を徹底した。我が国では中国が使っている接触感染アプリを使うことはprivacyを侵害するとして、スマホを使う感染対策は深堀されなかった。いやCOCOAが昨年の7月頃(?)導入されたが、接触感染情報を発信する機能を全く持っていなかったことが最近明らかにされた。感染対策をスマホでやった振りだけしたかったのであろう。

私は当初から、ペストやスペイン風邪との戦いで多くの犠牲者を出した悪夢の再現を防ぐために、現代の私たちが持っている武器はスマホ。スマホの活用しかないと指摘しておいた。

我が国のdigital技術は、何10万人の死者が出るとか、飛沫はこれぐらい飛び散るとの恐ろしい予測ばかりに使われて、感染防止にdigital技術を活用しようとの専門家の真剣な助言はなかったのだろう。いや彼らは新しいtechnologyの機能に疎いのだろう。褌を締めよと時代錯誤も甚だしい言辞を弄するのを楽しんでいる。嗚呼!

スマホの接触確認アプリがprivacyを侵害するなら、感染対策のために、どこまでprivacyが侵害されることが許されるのかの国民的な議論すらされなかった。オリンピックをやるためにはprivacyより感染防止にスマホを活用するべきだと考える国民の方がmajorityではなかったか?

感染対策に有効なスマホの活用についてのインフラがわが国にはなかった?国民にスマホの接触感染アプリがprivacyを侵害するとすれば、オリンピックを迎える前にどの程度のprivacyの侵害が許されるのか、是非議論してほしかった。

今からでも遅くはない。中国は34月ヵ月でコロナ感染を終息させた。我が国も適切な方法で感染対策をすれば、オリンピックが開催できる。

国の官僚や感染症学者だけに、最も感染防止に役立つ可能性のあるdigital技術の活用の権限を任せるべきではなかった。

そのような議論もなしで、わが国は人権を尊重しているので人権を守らない中国の接触確認アプリは使えないと、うまくいった一つであると想像される中国のようなスマホの活用を放棄する権限を、今わが国でコロナ対策に重要な役割を果たしているがあまり成果をあげていないお偉方に任せているのは、わが国にとって大変な不幸な事ではないだろうか?

感染対策の肝になる政策が、国や感染症専門家の一存で決定された。しかも彼らは有効なコロナ感染対策を持っていないのに、その責を果たしている振りをした。しつ続けて、国民を叱っている。嗚呼!認知症治療分野と状況は酷似している。

コロナ感染は飛沫感染と接触感染以外にないので、それらの感染経路の遮断について思いつくことはすべて行って、相変わらず私は気ままに街を徘徊している。もしコロナになれば、この感染経路に対する配慮が足りなかったと遺言だけはしておくつもりである。

若者がstay homeで頑張っているのに本当に申し訳ない。


# by rr4546 | 2021-05-05 14:59 | 医療関係 | Comments(0)
大谷も松山も頑張っている。素晴らしい。感染症学者もCOVID-19のpandemicで苦しんでいる世界中の人たちのために、役に立つ正しい防疫対策や、有効な治療について報告してもらいたい。
徘徊老人も感染防止対策についてこの一年の間繰り返しversion upし続けてきた。3蜜回避とか、new lifeとか、人流の減少とか勇ましいものは何もないが、version upのお蔭などと自惚れていないが、何とか気儘な生活を続けられているのは、思いついた感染経路の遮断を心掛けて、自分流の防疫対策をどんどん工夫して守ってきたおかげであると思っている。
最近version upしたのは、マスクの使い捨てである。食事などではずしたマスクは使いまわしをしない。一度はずしたら、使い捨てる。一日に3回は新しいのに切り替えている。はずしたマスクをポケットに入れたり、取り外したマスクの内側が汚染された手や唾液がとんだtable表面から汚染される可能性を避けるためである。マスクの使い捨てなど安いもの。皆さんも政治家や野球選手のように同じマスクを使いまわしていることをマネしないよう。
見えないウイルスを見えるように解説する先生を信頼し過ぎないよう。IN VITROの実験で10万回の一度の頻度でしか感染が起こらないとの安全性が証明されていても、あらゆる感染経路を、たとえ間違っていても,想像して対処すべきである。

# by rr4546 | 2021-04-30 16:11 | 医療関係 | Comments(0)

COVID-19の重症化率の抑制や、死亡率低下にsteroidが有用だという英国の報告に従って、わが国でもCOVID-19患者の治療のためにsteroidが広く使われている。ただわが国のCOVID-19の症例に対するsteroid―投与開始時期、投与量、投与中止時期―の有用性の詳細なデータはまだ報告されていないように思う(コロナ重症化制御に最適なsteroid療法とは?第3回呼吸器免疫研究会、3月、2021などがある)。

本来感染症に対して感染症の増悪を来す可能性がある免疫抑制効果が強いsteroidの投与は禁忌である。臓器移植後に拒絶反応を防ぐためにsteroidを使うが、steroidのような免疫抑制剤投与中は容易に細菌やウイルスに感染するために、人込みを避けて、マスクなどを着用して感染を防ぐのが普通である。

COVID-19のようなvirus感染症に対するsteroidの投与は、実地医家はまず選択しない。

Virus感染症を遷延化させたり、細菌感染症を合併させたりして、病態をややこやしくし、予後を不良にするからである。

ただ高齢者がインフルエンザに感染し、かなり重症感がみられたり(直観でいつもと違う病態を呈する場合、正確にいつもと違うということをわが身の菲才では第三者に説明できない。ただ直観である)、酸素飽和度が低下したりする場合は、躊躇せずに抗生物質と同時にサクシゾン100㎎の点滴静注(2時間くらいかけて)を1,2回すると劇的に病状が落ち着き、騙されたようにお元気になられる症例を数例私は経験している。

当時は、たまたま免疫細胞の暴走をかじっていたので、steroidの効果はインフルエンザ感染により免疫細胞が暴走し、cytokines stormによる細胞傷害性の病態が改善されることによると考えていた。残念ながらsteroidの著効した症例のcytokinesの測定をしていない。あくまで仮説で,steroidの効果発現の機序について妄想していただけである。

インフルエンザの一部にsteroidが有効であるとの臨床経験から、COVID-19の重症例にもsteroidが有効である可能性があると指摘しておいた。イギリスからの報告を見る前に。

是非わが国で、COVID-19重症例に対するsteroidの使用法について、有効性や副作用を是非明らかにして、COVID-19患者のsteroidの適切な使用方法を確立してもらいたい。

Cytokinesの測定による機序の解明を含めて、投与開始の時期、投与量そして投与中止時期について、COVID-19患者に対する標準的steroid療法を確立すれば、世界中のCOVID-19の治療に貢献できるであろう。

わが国のCOVID-19関連の臨床・基礎研究は、医療専門誌にほとんど報告されていない。医療レベルが高いと自負している医療関係者だけではなく、一般の国民も、なぜCOVID-19にわが国の専門家集団は貢献しないのか不思議に思っている。ワクチンができないだけではない。

そこで一言。英国由来の変異株(N501Y)がわが国のCOVID-19患者の急増や、壮年期の患者の死亡率上昇の原因であるとの指摘が感染症専門家から出されている。この傾向は多くの国でも認められるので、N501Yは武漢型よりたちが悪いのであろう。

わが国のこれらの傾向が、COVID-19患者に対するsteroid剤の不適切な投与が招いている可能性がないかの議論が十分行われるべきである。この小論をそのために書いている。

我々がN501Yがたちが悪いと信じ込んでいるが、steroidの不適切な使用がN501Yをたち悪くさせている可能性が紛れ込んでいる可能性があると私は危惧している。

Steroidはいい薬であると同時に、感染を遷延化させたりする副作用を持っている。Steroid投与によって、治療を期待しながら、逆にN501Yのウイルス血症の状態に患者をとどめ置き、本来治るべき患者を悪化させて医療機関に縛り付けている可能性について十分考慮するべきことが重要だと、直観的に感じている。

N501Yはたちが悪いと考えていたが、steroidの副作用で病態をややこしくしていた、医原病であったという結論だけはごめん願いたい。

Steroidは感染を悪化・遷延させるだけではなく、本来医療の限界を超えている患者の余命も無意味に延長させる不思議な効果を持っている。Steroidの投与で、壮年期の重症患者を生み出し、本来現代の医療では命の尽きた状態を無理やり維持している可能性もあるのである。

今わが国のCOVID-19患者がどの診療科で治療を受けているか知らない。感染症専門家がmass mediaに出て、COVID-19について解説をしているので、COVID-19患者は感染症科で治療を受けているのであろうか。そうとすれば彼らは、感染性敗血症shock時、大量にsteroidを使う以外steroidを使用したことがないのではないだろうか。

Steroidの投与に慣れていない専門家が、特に投与基準なしに、steroidを勘だけで投与していれば、コロナ感染を遷延化させたり、無駄な勝ち目のない、死線を引き延ばしてしまう可能性がある。

COVID-19患者はどの診療科が担当すべきか、もちろん呼吸管理が必要になれば呼吸器科の担当であろうが、もう一度どのような医師が診るべきか充分議論してもらいたい。

オリンピックは3か月先に迫っている。我が国の一存では延期はできない。時は待ってくれない。


# by rr4546 | 2021-04-23 18:29 | 医療関係 | Comments(0)

老人がコロナで亡くなっていることに対して老健局の人たちのやるべき仕事が山ほどある。自分たちがCOVID-19cluster源になることではない。一年以上前のダイヤモンドプリセスクルーズ船でも厚労省の役人が数十人感染した。厚労省はclusterを起こす感染経路を把握していないのではないだろうか。感染経路はあくまでclusterを起こしたした際の厳重で、丁寧な疫学調査で明らかにされる。実験室のvirusの動きで予測できるものではないと思う。武漢で感染爆発の初期、プレハブの医療施設が突貫工事で建築されて、私たちが笑っていた時、老人専門の看護婦が全国から動員されたとの報道を読んだ。我が国の老健局はわが国の高齢者のコロナ感染に対して、どのような取り組をしたのだろうか。深夜まで飲食を伴う懇親会をしている暇はない。

老健局はこれから増加していく認知症患者の対応についても重大な責任を負っている。彼らは認知症患者のBPSDに抗認知症薬が有用で、増量せよ、二剤併用せよと、一部の専門家の意見を一般医家に勧めた。おかげで認知症患者が精神病院に放り込まれたり、医療機関での患者の身体拘束という人権侵害と言っていい状況を生み出したり、認知症家族を不穏や介護拒否する患者の介護で重大な負担をかけたりした。このドサクサに紛れて、政治家を使って医学的根拠が全くない抗認知症薬少量療法が保険診療に正式に認められた。実地医家は認知症をどのように診療しているのであろうか。認知症診療に深くかかわる日本老年学会、日本神経学会、日本認知症学会、日本老年精神医学会などもわたしが知る限り、このような混乱した認知症診療現場をどうすべきかについて正式な立場を表明していないと思う。

大変な状況を生み出した老健局は、その後このような訳の分からぬ状況を改善する行政指導を行ったとの情報を耳にしない。これで認知症患者が溢れるこれからの時代をどう迎えようとしているのだろうか。認知症患者は大変な不利益を被っている。

認知症根治薬ではない薬が、根治薬として一般医家の手に渡る動きがあるように私には見える。

患者団体と、一部のmass mediaと特定の認知症専門家をgripして着々と根治薬を一般医家に届けようと準備を進めている会社がある。いやすでにエーザイは認知症特集サイトをMed Peer を介して運営して、認知症早期の心理的サポートやβ-amyloidのAlzheimer発症の役割などの特集記事を組んで、着々と根治薬の有用性を一般医家に啓蒙しようとしている。ある認知症専門家もこの動きに手を貸している。心ある認知症専門医の正しい働きを期待したい。

早期診断・早期治療の茶番が再演されそう。おかげで、誤診と詐病患者が溢れ、抗認知症薬の効能が過大評価され、副作用が見落とされたとの悪夢が再現されそう。運営資金の出どころが分からない、認知症患者のためと称する団体―「認知症の人と家族の会」(京都市)等―、製薬会社がsponsorになっている会が必ずしも認知症について、有益な情報を出しているとは思われない状況を厳重に指導するのも老健局の大切な仕事であろう。

超高齢社会を安心して迎えられるよう是非、老健局には頑張ってもらいたい。

老健局が飲食を伴う懇親会をこの時期に行い、COVID-19custer源になったとの新聞記事を読んで。


# by rr4546 | 2021-04-15 12:33 | 医療関係 | Comments(0)
オバマ元米国大統領の「約束の地」上下はひょっとするとノーベル文学賞で顕彰されるのではないだろうか。
私たちはどちらかというと、無の悟りとか解脱とか個の救済に熱心であるが、必ずしもこのような魂の救済がglobal standardでないことがオバマの大統領時代の回顧録、約束の地を読むとよく分かる。
ケニア人の父とアイルランド系の米国人の母から生まれたhalfのアフリカ系米国人であるオバマは多感な少年時代―マイ・ドリ―ムに詳しいーを送り、地域のorganizerとして活躍し、政治家としてほとんどcareerなしで、40代でアメリカ大統領に上り詰めた。「約束の地」はオバマが大統領として私益ではなくて公益のために獅子奮迅の働きをしたとの美しい記録である。個より公の中で生きることが人には求められることを明らかにしている。
彼の政治的業績の評価は歴史がするであろう。ただ彼が私益を優先しないで公益を求めて大統領という激務を誠実に果たした記録から、私たちは公の中で生きていくことの大切さを学ぶことができるのではないだろうか。私益を優先はしなかったが、妻ミッシェルや二人の娘サーシャ・マリヤに対する愛からも、多くを教えられる。
私たちはすべての人が幸せになれる体制が民主主義と信じている。ただ民主主義はこの世にユートピアを作り上げるための思想ではない。そのことを我々が腹の底から学ぶための格好の教科書であるのが「約束の地」であるように感ずる。
オバマの約束の地から、民主主義は何の力で支えられているのか、何故専制主義やテロとは異なった人類が磨き上げてきた洗練された思想によって民主主義が育てられてきたのか、同時に現代の民主主義はどのようなジレンマを抱えて、瀕死の状態にあるのか、その危機を乗り越えるために私たちにどのような努力が求められているのかが見事に描き出されている。

私たちが、甘く考えている民主主義について、私たちがこれからの民主主義を深く考え、育てていくためにも、やらねばならないことに対して、多くのヒントを与えてくれる格好の教科書でもあると思う。




先生のessay、近未来、いや近々に起こることが、具体的に書かれていて、是非、私たちこそ寛容で、近代先進国家の住人と信じている多くのわが同胞の目を覚ますために、色々な手段を使って、公開してください。新しい産業革命が起こっていると、私も思うよ。我が国は周回どころかはるかに遅れているよな、周りの身内は同意しないが。

自前のワクチンもない、正しいコロナ防疫対策も持たないで、褌を締めよ、マスクを着けはずしして食事をしよと、時代錯誤的な忠告でコロナの第4波を抑え込もうと頑張っている。こころが荒廃するよな。これではオリンピックを準備している人も、今必死に頑張っている飲食店の人たちも浮かばれない。

話は飛ぶが。そのことに気が付かないで、相変わらず中国や韓国の悪口に精を出している。悪口で沈んだ心を鼓舞している?何か悪い夢を見ている感じ。

武力を持たないマスコミが、隣国の悪口を煽う。戦前鬼畜米英と若者を戦地に駆り立てたのと、同じ間違いを繰り返している。軍事力を持たないマスコミこそ、外交力を高めるために、隣国から学ぶべきことを,やりすぎるくらい伝えたら、私たちの世界も広がるよな。韓流ドラマや、K-popsにはまっている若者は私たちの韓国への感情と違った、韓国感情をを持っているという。

他国とトラブラをなくすために、軍事大国の同盟国を後ろ盾にして圧倒的な軍事力を背景とした、抑止力だけ頼りの他国とのお付き合いは、危ない。外交力を磨くためにも、マスコミが他国への憎しみを生まない情報を、探せばあるよな、かき集めて報道してもらいたいね。右翼の主張を補完する情報ばかりを流していたら、すぐに諍いが拡大するよな。習近平は極悪人の独裁者と思っている人は多いよな。彼が何を願っているのか、よく分からない。どこにでもいるお爺さんだよな。

本題に。中国は春節の前に、北京の近くの町でコロナ患者が出たとの報道があった。ただ中国のコロナ患者数は10万人そこそこで推移して、春節後も増加がみられない。そう言うと、中国は情報操作しているとブーイングが出るが。

わが国は44万人で今でも増加している。中国はどうしてコロナを押さえているか、聞いたらいいと思うよ。見えないウイルスによる感染症は、富岳の力を借りて飛沫の状況を分析することにお金を使うより、防疫に成功した国の仕方を学ぶ方が遥かに効果がある。飛沫感染とは別の接触感染に対する配慮が不十分だと思う。なぜ手を洗うことがコロナ感染防止になるか、多くの人が理解していない。マスコミも識者(コメンテーター)も中国について言及することがタブーのように中国のやり方に触れない。彼らは何に対して忖度をしているのか。迷惑するのは彼らの同胞なんだが。

彼らはいつまでもわが国をコロナ騒ぎに置いておきたいみたい。そうしているほうが何か彼らにmeritがあるのだろう。彼らはわが国が新しい産業革命の先陣を走ることが嫌なのか。国益より私益を優先している感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 コロナ禍であらゆる分野に大変な経済的・精神的被害が出て、もう一年間以上経過した。オリンピックを控えている。今のようなコロナ防疫体制だけで、コロナと縁が切れるのだろうか。ワクチン接種がgame changerと期待されているが、今の調子でいくと、国民の半分がワクチンを受けるまでに今から一年以上かかる気がする。菅首相は本日、6月中に国民全部がワクチンが受けられる準備が進んでいると述べたが。

感染症専門家からあらためて正しい、適切な感染対策が出されることを期待する。接触感染の経路に対する配慮が不十分だと思う。WHOがWHOが基本的な公衆衛生対策でコロナを克服できるとcommentしているので。


# by rr4546 | 2021-03-14 14:53 | 医療関係 | Comments(0)